成功へと導く化粧品マーケティングガイド

成功へと導く
化粧品マーケティングガイド

売れるをつくる!化粧品マーケティング会社比較

頼れる化粧品マーケティング会社4選

化粧品のマーケティングやコンサルティングを行う会社を調査し、その活用方法について考えました。

「オリジナル商品を作りたい」「商品のリニューアルをしたい」「最近のトレンドが知りたい」…

そんな時は、やっぱり化粧品業界を知り尽くしたプロに協力してもらうのが1番の近道です。

まずは、頼れるコンサル会社4つをピックアップ。

トレンドやニーズを抑えるための「マーケティング力」、集めた情報を使い売れる商品をつくるための「コンサルティング力」、2つの軸をリサーチしました。

プラスリード

時代の1歩先を行くインフルエンサーマーケティングで
“本当に売れる”商品をつくる

プラスリード

<こんな時におすすめ>

◎最近のトレンドにあった、本当に売れる商品を作りたい
◎他社に先駆けたプロモーション施策を打ちたい
◎自社ソースだけでは開発アイデアが打開できない

マーケティング力 トレンドに強いブロガーや読者モデルなどのインフルエンサーを多数確保している。一般消費者のアンケート等との比較考察なども加え、「半歩先のトレンド」を読む力では、他社を寄せ付けない圧倒的な実力。
コンサルティング力 インフルエンサーのグループインタビューによるコンサルティングや、サンプリングによる拡散などの販売戦略まで、多角的なコンサルが可能。代表の齋藤氏は、化粧品業界の研究・トレンド分析をはじめ、マーケティング関連の話題を取り扱う週刊粧業でコラムを連載しており、化粧品業界を熟知している。
URL http://www.pluslead-inc.com/influencer/

ソフィアリンクス

化粧品業界の幅広いネットワークが強み

ソフィアリンクス

<こんな時におすすめ>

◎ライバル商品との比較などをマッピングしたい
◎自社商品の強みや弱みを客観的に把握したい
◎商品の内容を見直したい

マーケティング力 ネット調査やグループインタビュー、デプスインタビュー、会場調査まであらゆる調査形態に対応しており、精度の高いマーケティング調査が可能。
コンサルティング力 Webプロモーション戦略と制作、商品カタログ制作、ECサイトの立ち上げなど、販売プロモーションの分野であらゆる制作を担当。ワンストップで依頼できる。
URL http://www.sophialinks.com/

日本エデン

エンドユーザーの声をしっかり反映させた商品開発

日本エデン

<こんな時におすすめ>

◎自社開発ではなくOEMで化粧品をつくりたい
◎ワンストップで製品製造からプロモーションまで任せたい

マーケティング力 自社開発の化粧品も多く、それに紐付いたマーケティングという点で期待ができそうです。
コンサルティング力 化粧品の開発やパッケージデザインなど、「制作」におけるコンサルティングの面で頼りになります。
URL http://www.japaneden.co.jp/

アクティブ・コンサルティング

ブランドマネジメントならお任せ!

アクティブ・コンサルティング

<こんな時におすすめ>

◎ドラッグストア向けの化粧品を作りたい
◎医薬部外品など、ドクターズコスメをつくりたい

マーケティング力 ドラッグストア流通に強いため、店頭販売におけるマーケティング力があります。
コンサルティング力 ドラッグストアや製薬会社などの化粧品のコンサルでは頼りになります。
URL http://active-c.co.jp/

インフルエンサーで売れる化粧品をつくるプラスリード

今回特集する化粧品コンサル会社は、インフルエンサーによるマーケティングを行うプラスリードです。

現代の化粧品業界は宣伝による「イメージ」ではなく、SNSなどの「口コミ実感」で売れる時代。

そこには、トレンドを引っ張るインフルエンサーの存在が大きく関わっているのです。

※インフルエンサーって何?
インフルエンサーとは、商品の購入意欲に影響を与える人のこと。化粧品業界でいえば、専門家や芸能人・モデル、有名なブロガーなどを指します。

インフルエンサーの声が本当に売れる商品をつくる

アイシャドウの画像

インフルエンサーマーケティングの1番のポイントは、“手が届きそうな存在”であること

一般ユーザーからみた読者モデルやブロガーなどの存在は、モデルや芸能人と比べると、“頑張れば手が届きそうな存在”であることが、今SNSなどで絶大な支持を得ている理由です。

あるアンケートによると、時代をつくるインフルエンサーは、一般ユーザーと比較すると、よりトレンドに敏感で、美容にかけるお金・時間も一般ユーザーよりも多いという結果が。

インフルエンサーは、独自の感性を使って商品購入を決定。SNSで発信することで、それを見たユーザーが商品を購入するというのが、最近の購買の流れになっているようです。

このように、インフルエンサーと一般ユーザーの間に差はありますが、密接な関係にあるこの2種類のユーザーの意見を比較分析することが、本当に売れる商品をつくる手がかりとなるのです。

プラスリードでは、単一的なWeb調査に止まらず、実際の商品を目の前にしてインフルエンサーたちの生の声や改善ポイント、使用感などをヒアリングするグループインタビューも実施。

形式ばったコンサルタントのコンサルティングではなく、消費者を先生として商品開発ができることは、開発する側にとって何より貴重な意見が得られるはずです。

インフルエンサーが“バズる”仕掛けをつくる

資料の画像

さらに、プラスリードでは、このインフルエンサーたちが実際にモニター使用し、その様子をブログやインスタグラム、facebookなどのSNSに拡散することで、プロモーションをも担当することができます。

商品がバズる、つまりSNSで話題になれば、販売戦略は成功したも同じようなもの

無理のない「仕掛け」を作れるのも、プラスリードのインフルエンサーのプロモーションがあればこそ、なのです。

化粧品業界に精通した代表のコンサルティング

プラスリードの代表を務める斎藤健太氏は、週間粧業など、化粧品に関する様々な専門誌にも寄稿する、化粧品業界のプロ

さらにはデータ分析についての著書もあるなど、マーケティング・コンサルティングに精通しています。

この斎藤氏が立案するインフルエンサーによるマーケティングは、現在化粧品業界で商品開発を成功させるもっとも有効な手段として注目を集めています。

※このサイトは、個人が集めた情報をまとめたものです。
詳しいコンサルティング内容や最新の情報は、各公式サイトでご確認ください。

「化粧品マーケティングガイド」制作部
お問合せ専用メールアドレス